-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2012-08-26 19:34 | カテゴリ:日常
    旅の疲れも癒すヒマなく、日常が始まり、またこの1週間は忙しくて、余計に疲れが増えていったような感じです。
    おかげでこの週末は2日ともほぼベットの上で過ごすという、病んだ状態(^_^;)

    背中の肩甲骨あたりに疲れというか、コリがたまっており、これがとれるまでは体が重い感じが続くんだろなぁ。。
    ベットの上でストレッチなどしてみるけど、解消されるような様子もなく、、今週時間取れたらフィットネスいってマッサージ機のお世話になってこようかなと思っております。

    そんな状態なので、まだ撮った写真なども整理できているハズもなく。。
    時間だけ過ぎていっております。

    楽しかった旅の写真整理もしたいし、旅の記録も残しておきたいし。。
    やりたいこと色々あるのに、体がついていかないというのが実情です。

    ブログは覚えとか記録帳みたいな使い方をしているので、たまにのぞいてくれる方にとっては、たいして興味あるような内容にならなくてすみません。。
    でも、あのときどうだっけかなというのをノートやメモに残すより、ブログという形で残したほうがあとで見やすいんですよね。

    以前行った旅先と同じところに行く機会がある人がたまたま検索で来てくれて参考にしてくれたり、
    自分でも今度韓国に行くのですが(またかっっ(^_^;))前行ったところを思いだすのに自分の書いたブログを読み返して場所のチェックなどしてみたりね。

    そんな感じで、これからしばらくはイタリア旅行記というよりは、旅の記録になりますので、てきとに読みとばしてやってくださぃまし~

    まずは、背中のコリを取らないとだっっ

    私の元気の元、シロクマアイス~
    スポンサーサイト
    2012-08-19 23:00 | カテゴリ:2012Italia
    イタリア最後の夜が明け、とうとう帰る日になってしまいました。
    チェックアウトをすませ、空港シャトルバスのある中央駅へ。

    思えばイタリアに到着した日、空港からこの中央駅に来て、ナポリまで新幹線に乗って移動してさらにカプリ島まで行ったのはずいぶん昔のような気がします。

    まだ数日前のことなのにね
    それから数日間がめっちゃ濃かったからな~

    シャトルバスに乗って空港に移動し、飛行機のチェックインをすませて、それからは最後のお買い物タイムです。

    時期はセールw
    空港にあるブランドショップにも50%OFFの表示があります。

    いくら50%OFFでも、元の値段が高いから~と冷やかし程度にあちこち見てると、、

    ステキなバックがww

    フェラガモ

    10万近くする値段から50%OFFで4万円台。。

    えw

    バックで4万ですか??

    そっからは自問自答、葛藤などなど

    10万もするようなバック使う機会あるのかよww

    でも割に使いやすそうなデザインだし、半額だよ???

    いや半額っていっても5万近くするで???

    相当悩んでみた

    結果

    買わずにその店から早々に立ち去ったww

    未練残るかもなので、足早に搭乗ロビーまでww

    つか、未練残ることを心配するなら買ってしまえよとか、そんな声も後ろからするのを感じながら(^_^;)

    今はバックよりも次の旅行費用の方が大事だww

    そういうことにして、結局おみやげらしいものもろくに買うことなく、イタリアをあとにしました。

    きっとまた来たい。
    いや、必ずまた来るぞと飛行機の窓から見おろすイタリアの風景を見ながら、そう心に念じました。

    さて、来年の2月に一緒にベネチアのカーニバルに行ってくれる人~
    大募集です~

    そんなことを考えながら飛行機は上海に向かって順調に飛行を続けております。

    上海では街に出る時間はないけど、、その分空港で妙な買い物に走らないように気をつけなぃと。。
    2012-08-19 22:59 | カテゴリ:2012Italia
    「最後の晩餐」鑑賞後、ミラノ中央駅にメトロを使って戻り、ホテルにチェックインをすませて、部屋で一息ww

    疲れたぞー

    時間はすでに7時近い
    ミラノ観光名所のドォーモに行く予定ですが、今からだと中には入れないねぇ。。
    外から見て、あとは近くのデパートとかみてから夕ごはんしよっか~
    ということで、メトロに乗ってドォーモに向かいます。

    ドォーモ。。

    これもすごいっっww

    今までにも色んな歴史建造物見たけど。。これ、かなりすごい部類にはいるかもww

    建物に迫力あるんだよねっ

    天に向かって伸びているトゲのような飾りの一つ一つに人体彫刻が立っていて、これどうやって立ってるんだろ???
    トゲ部分と一体化してるんだろうか??
    それとも連結させてるんだろうか??

    すごいわww
    ダイナミック&繊細って感じww

    今になって中を見れないことをザンネンに思ってしまいました(>_<)
    あーーザンネンっっ

    それから近くのデパートに入って、ウロウロ物色して、外に出ると、すっかり夜。
    夜空に映えるドォーモもステキです。

    これで観光イベントは全て完了です。
    いよいよ、イタリア最後の夜、そうまさに私たちにとっての最後の晩餐となります。

    といっても、旅行疲れもかなりピークにきており、ホテルに戻って、ホテルのすぐとなりにあったレストランに入りました。

    イタリアで食べるイタリア料理もこれが最後かなと思いつつも、胃袋も少々お疲れ気味。
    めっちゃふつーにパスタたのんで、イタリア最後の晩餐は感傷に浸るまでもなく、ふつーにごはんして終わりましたよ(^_^;)

    でも、、
    帰りたくないねーー
    帰ったらまた日常が始まるんだよねー

    そうして、イタリア最後の夜は終わっていくのでした。
    2012-08-19 22:58 | カテゴリ:2012Italia
    ミラノ中央駅(ミラノチェントラーレ)に定刻に到着。
    この駅はイタリア到着した始めの日にも来た場所なのですが、その日はもぅずいぶん昔のような気がします。
    電車を降りて駅ビルのテナントになっているお店をのぞきながら、、

    季節は丁度バーゲンセールの時期のようで、あちこちに50%OFFの張り紙がっっ(>_<)

    これもかわいぃ~
    こっちもステキ~
    しかも1000円とか3000円とかっっww
    円高万歳ですよね~

    超目移りする中、いくつかのお店を回って。。
    ミラノ着いたのに駅ビルからでられなぃい~
    ミラノやばぃわww

    遅いお昼ごはんを駅ビルのカフェで取りました。
    ミラノカツレツにミラノ風リゾット、そしてタコサラダ。
    これがねぇ。。どれもめっちゃうまかったっっ(>_<)
    なんでこんなにおいしいんだろっていうくらいうまかったww

    うまいーって食事を堪能してる間もなく。。ふと、時計を見ると。。

    あーーーもう4時ぃぃ~

    今日は5時にレオナルドダヴィンチの「最後の晩餐」鑑賞を予約していたんだっっ
    まずいっ、駅ビルなんかで時間食ってしまって本日のメインイベントを忘れるところだったっw

    もうホテルにチェックインして荷物預ける時間なぃよね(>_<)

    駅の荷物預けに行く?
    時間なぃかもーーw

    結局、キャリーバック引きながら、タクシーに乗り込む私たちでした。。

    何やってんだか。。

    まぁお陰で時間には間に合って、ホッとしました。

    この「最後の晩餐」は完全予約制で、鑑賞時間は15分。
    日本で予約していたので、受付で予約表だしてチケットに交換してもらって待合室で時間がくるのを待ちます。

    写真は待合室にある説明用のパネル
    待合室の先には鉄格子の入り口があり、係りの人がいます。

    5時からの方~

    予約時間になるとその鉄格子のカギがあけられ、チケットを出して先に進みます。

    その先には再び小部屋があり、5時からの予約の25人が中に入ると自動でドアが閉まります。
    その小部屋は、さながらディズニーランドでアトラクション待ちをしているような雰囲気です。
    5時になると、またドアが自動であいて、先の部屋に進みます。

    進んだ先には。。

    ありました。
    印刷物や映像では何度も見たことのある、あの絵です。

    この絵は、3ヶ月前から自分で予約したという見るための苦労があっただけに、今までに見たモナリザとかとは違って見れたときの感激はひとしおでしたね。

    壁の平面部分に描いてあるのに、奥行を感じさせる、遠近感はすごいです。

    一人一人の表情を見ながら、
    また、描かれているテーブルの上の食べ物や、テーブルクロスの折り目や柄の出方など、印刷物では気にもしなかったようなところをじっくりと15分間目に焼きつけてきました。

    これはねぇ
    価値ありますよ

    日本のツアーだと5000円くらいかかるけど、ミラノへ行く機会のある方は是非ここに来るのをおすすめします。

    自分でチケット取る場合は800円ほどです。チケットの取り方はまた後日こちらでご紹介させていただきますので、そちらをご参考に(^-^)

    15分ごとに、定員25名。
    事前予約または当日定員に満たない場合は当日受付もあるようです。

    時間いっぱい、十分に堪能し、部屋から出るとそこにはグッズ売り場があります。
    これは買うしかなぃでしょ~
    ポストカードを買って外にでました。

    再び、キャリーバックをひきづりながらミラノ中央駅へ戻ります。。

    5000円のツアーなら、送迎付きですから、こんな苦労は不要ですな(^_^;)

    つか、中央駅で時間食ってる間に、ホテルにチェックインするハズだったんだよっっ

    色んな苦労もあって、感激ひとしおなミラノ「最後の晩餐」鑑賞でした。
    2012-08-19 22:56 | カテゴリ:2012Italia
    2泊したとはいえ、真ん中の日に回っただけの大急ぎのベネチア観光でしたが、今日は朝食後にはミラノに向かわなければなりません。

    ベネチアの足、ヴァポレットは便利ではありますが、トロトロ進むので、距離の割に時間がかなりかかります。

    1番のヴァポレットは本数も多いけど、
    各駅停車のため、リド島からベネチア駅につくまで1時間もかかります。
    6.2番に乗ると駅まで40分ほどということで、そちらに乗車。
    リド島に別れを告げる間もなく、ベネチア本島に着き、この船はベネチア本島を2分する運河、カナルグランデを通らないので、昨日堪能したベネチアらしい景色も見納める。。というほどの時間もなく、駅に到着。

    駅周辺もめっちゃ人が多く、電車の確認をしてから、交代で荷物番して、土産物物色に走りますw

    ベネチア本島にあったお店より確実に2割は高いな。。
    同じものだけど、明らかにこの駅周辺の店の方が高い。。

    私たちみたいに、帰り際に慌てて買う人狙いだな、と思いつつ、昨日から気になっていた、ムラノガラスのネックレスとお皿を買いました。

    大急ぎで買ったものではありますが、これでベネチアらしいお土産を買うことができて、ちょっとホッとしました。まぁ、本当にベネチア産かどうかはあやしいですけどね。。

    さて、電車。
    到着した日にナポリまで行ったときの新幹線はFrecciaRossa(赤い矢)でしたが、今日はFrecciaBianca(白い矢)です。
    FRの方は、席がリクライニングしたし、Wifiも使えましたね。
    今乗ってるFBの方は席は固定の様です。Wifiも来てません。
    電源の差し口らしいものはありますが、私たちの席にはついてないため、電源が取れるのかどうかは不明です。

    ミラノまでの乗車時間は2時間35分。
    あと、2時間ほど寝るかな。。
    2012-08-19 22:55 | カテゴリ:2012Italia
    念願のベネチアです。
    ずいぶん昔から憧れの町でした。
    名古屋にあったイタリア村の影響も少なからずあるかと思います。

    朝リド島からベネチア本島へ船で渡り、サンマルコ広場へ。

    本島に着いてからは、もぉテンションあがりまくりww
    今までと同じような感想ですが、、

    「テーマパークのようだw」

    普通の町という感じがしませんね。
    寺院や鐘楼にはいるための行列も、テーマパークのアトラクション待ちの行列と似たような錯覚になります。

    お土産屋さんもジェラート屋さんも、テーマパークの一部のように思えます。
    すごすぎるぞwwベネチアw
    まずはサンマルコ広場へ行って、サンマルコ寺院の行列に並んでみる。
    行列は長かったけど、意外と進むのは早かったです。

    中に入るのは無料で上に登ったりするのにはお金かかるようなので、まぁそれはパスして、次は鐘楼へ。
    やはり高いところから見下ろすならここでしょう~
    行列も大したことないから、すぐに入れて、料金を払ってエレベーターに乗り展望階へ。
    素晴らしい景色でしたぁぁ



    サンマルコ広場周辺をうろつくと、お土産屋さんのショーウィンドーがめっちゃそそります。

    これかわいぃ~
    ステキ~

    見てたらキリがなぃってくらいに、割に手頃な価格で、ベネチアガラス(正確にはムラノガラス)のアクセサリーやグラス、小物などが安いものから高いものまで、目移りしちゃって、どれもほしぃ~(>_<)
    他には仮装用の仮面。
    物価が高いと聞いていたけど、やはり観光客がハンパなく多いから競争もあるんでしょうね。
    思ったほどは高くない印象でした。

    お土産はあれもこれも欲しいと思っていたけど、結局何も買えませんでした(^_^;)
    次回またここに来るぞwと念を込めて。。

    ということで、ウィンドーショッピングと街歩きを楽しみつつ、やっぱゴンドラでしょ~
    街の中を走る狭い水路を進んでいくゴンドラを、ながめたり写真撮ったり。
    ゴンドラに歌手とアコーディオン奏者がいてステキな歌を聞かせてくれるのを橋の上から楽しんだり。
    やっぱテーマパークですよw

    昔名古屋にあったイタリア村も今思えば、雰囲気的にはなかなかいい線いっていたかも、もちろん規模も重みも全然違いますけどね。

    街歩きを、十分堪能し、夕方には予約していたゴンドラ乗車です。

    同じ時間に出る一団は10隻ほど、そのうち1隻に歌手とアコーディオン奏者が乗っていて、歌を聞かせてくれますが、すぐ近くというわけではないので聴き取りにくいですね。
    歌手が乗ってるゴンドラに乗ってる人はミニリサイタル状態で、いいかもしれないけど、同じ料金とは。。思いたくなぃ(ーー;)
    いや、きっと価格は違うハズw
    そう思い込むことにするww

    でも私たちの乗ったゴンドラを漕いでくれるおじさんはたまにその歌にあわせて口笛ふいてくれたり鼻歌してたので、それはそれで結構いい雰囲気だしてくれてましたよo(^▽^)o

    40分ほどのゴンドラタイムはあっという間に終了し、夕ごはん場所を探してウロウロ。

    運河沿いではないけれど、風の通りがいい広場にあったお店のテラス席に座って、今日のベネチア、そしてこれまでの旅行の話をワインを飲みながらゆっくりとお食事。

    明日ミラノに行ってこの旅も終わるんだなぁ。。

    ベネチア素晴らしかった。

    きっともう一度来るw

    来年2月のカーニバルの時期に一緒にベネチア来てくれる人、募集~です。
    2012-08-19 22:54 | カテゴリ:2012Italia
    旅も中盤を過ぎ、今日はアルベロベッロからベネチアへの移動です。
    バーリ空港まで行ってそこからは飛行機でベネチアまで飛びます。

    アルベロベッロから空港までは電車で行こうかと思っていたのですが、事前に調べていたところ、8月15日はイタリアの祝日で、電車動いてなぃことが判明。。
    アルベロベッロのホテルの人にメールして、空港までどうやって行くのかを相談すると、タクシーで行くしか方法がないとのお返事を頂きました。

    そんなわけで、今日もタクシーを使ってバーリ空港まで移動です。

    空港まで1時間30分くらいと聞いておりましたが、1時間かからず空港に到着。
    イタリアのタクシードライバー飛ばしすぎww

    まぁ空港に早く着く分には何の問題もありませんから、いいんですけどね。

    空港でチェックインをすませ、搭乗ロビーにいくと、ステキなお店がありました。
    服屋なんですけど、どれもめっちゃかわいぃ服が50%引きw
    ちょっとデザインも変わっていて、それでいてすごくかわいぃw
    日本に帰ったら着れないだろうか??
    問題は終始そこに限定されつつ、
    試着などしてみたりw

    気になったものは何点かあって、値段も5000円ほど。
    相当悩みましたが、結局買わずに出てしまぃました(^_^;)
    あのままあの価格で日本で売ってたら結構人気出るんじゃなぃかな?
    デニムに刺繍やパッチワークを多用していて、和柄っぽい布とかも使っていて、、ステキでした。

    イタリアで買った服~ってのもいいお土産になったかもでしたね。
    ザンネンながら、あと一歩が出ませんでした(^_^;)

    さて、イタリア国内線。
    日本ではありえないけど、搭乗ロビーにむき出しのワンちゃんが闊歩してます。
    飼い主はキャリーバックをもっていたので、飛行機に乗るときにはそれに入れられるのでしょうが、日本と違ってペットちゃんと一緒に飛行機に乗れるってのはうらやましいですね。

    飛行機は定刻に離陸し、そしてベネチアに定刻に到着。

    ベネチア空港からは、船に乗って宿泊先のリド島へ向かいます。

    宿泊先をベネチア本島にするつもりでしたが、本島は値段が高いという理由でリド島に決めました。

    空港からリド島までは1時間ほどの船ですが、見えてくるベネチアの姿に、船からシャッター押しまくりです。

    時は夕刻、丁度夕日を背景にしたベネチア本島の姿は格別です。

    シャッター押しまくりのうちに、目的地リド島に到着。
    ホテルは船着場の目の前なので楽チンです。

    チェックインをすませて、部屋に入って、時間はすでに9時近く。
    今日はこのままリド島で夕ごはんをとって、明日に備えようということにしました。

    夕ごはんはカルボナーラとアーリオオイリオとカルパッチョ。

    カルパッチョはイタリア料理か??と思いつつ、、これがうまぃんだなww
    日本だとだいたいはさかなの刺身に油などであえてあるような感じですが、イタリアでは牛刺しですね。
    これにトマトとルッコラ
    今までルッコラをうまぃと思ったことはなかったけれど、これはおいしかったですねー

    毎日イタリア料理~
    2012-08-19 22:51 | カテゴリ:2012Italia
    アルベロベッロは日本人に人気のある観光地です。
    Trulliと呼ばれる三角錐の石積みの建物の群落があり、その様子はまるでテーマパークのようです。

    私は愛知県犬山にあるリトルワールドでこの建物を知り、いつか行ってみたいなと思っていた念願のアルベロベッロです。

    日本人に人気があるというのは、リトルワールドのお陰もあるかもしれませんが、建物のかわいさが日本人の感覚にあっているのでしょうね。
    でなければ、イタリアのかなり果て、地図でいう長靴の形をしているイタリアのかかとの部分にあたる場所です。
    アクセスも悪いし(ツアーの人には関係ないかな?)よほど行きたいと思わなければ来るのはむつかしいかもですね。

    そんなアルベロベッロ。
    日本人に人気があるというのを実証するかのように、あちこちに日本語の貼り紙や、
    コンニチハー
    ミルダケー
    のお土産屋さんの呼び込みやら
    泊まったホテルにも日本のガイドブック「地球の歩き方」などがあったり、レストランにも日本語メニューあったりと、英語ができない人が多いイタリアにして、今までにはなかった日本語をあちこちで見かけることができます。

    実際に町歩きすると、日本人率が高いとは思えませんでしたね。
    でもだいたいどこの観光地でも見かける韓国人団体観光客は全く見かけないから、アジア人としては日本人率は高いのかも?
    でも入ったレストランは日本人であふれてましたね(^_^;)
    地球の歩き方にも載っていたレストランでしたから。。

    町はホントどこ歩いていても、かわいくて、心が踊りますね。


    念願の町アルベロベッロでした(^-^)/
    2012-08-15 17:11 | カテゴリ:2012Italia
    マテーラからアルベロベッロまでは、交通機関を使うと電車、バス乗り換え数回というかなりハードルの高い移動になり、しかもロス時間も多いということで、タクシーを利用です。

    これは事前にネットで調べてあって、予約もしてあったので、予約したタクシーが来ないという事態さえなければ大丈夫かなと(^-^)

    待ち合わせ時間までホテルで待っていると迎えに来てくれて、荷物まで持ってくれて、なんかツアーのような感じでラクですねw
    マテーラのホテルは車が入って来れないところなので、車が待つ場所までは荷物持って石畳の階段や坂を移動しなくてはならなかったので、このサービスはホントありがたかったw

    クルマに乗り、ひたすら一般道を走ること1時間弱でアルベロベッロに到着です。ドライバーさん、めっちゃ飛ばしてましたけどね(^_^;)
    2012-08-15 17:09 | カテゴリ:2012Italia
    さて、そんなに苦労してまで、行きたいと思っていた町、マテーラ。
    ここはSASSIと呼ばれる洞窟住居群のある町です。
    この町は自分の目で見ないと、よさがわからないかもしれませんね。
    わたしも、行くまではそんなに期待していたわけではなかったのですが、町についた途端、すごいすごいすごいーー(>_<)
    もうすごいーの言葉しかでてきませんでしたね。

    着いたのは夕方。ちょうど日が傾いている光線加減がそそりますw
    夜になるとライトアップというわけではなく、ただの街灯が、いい感じに町を照らし、またまたステキな姿を見せてくれます。
    翌日、また白日の中でのSASSI群もすばらしく。。
    自分の表現の下手さ加減にイヤになりつつも、とにかくこの感激を伝えたいww
    そんな感じの町です。

    散策は結構体力勝負ですねー(ーー;)
    ひたすら、坂と階段。。
    町自体はそんなに広くないのですが、道が迷路のようになっていて。。行きたい場所に向かっているつもりでも、そのルートがあっているのかわからずに、歩いている他の人たちの後をついて行ったり、行き止まりになれば、戻ったり。。
    時間に余裕があったからよかったけれど、必要以上に時間がかかる町でした。

    遅めのランチをすませて、ホテルに戻って少し休憩していたら、予約していたタクシードライバーさんがホテルまで迎えに来てくれました。
    私達の荷物を2つをひょいと持って、スタスタと歩いて行く、力持ちのお兄さんでした。
    マテーラの町を出て、次は、アルベロベッロです。
    2012-08-15 17:06 | カテゴリ:2012Italia
    今回の旅で唯一移動手段の確保ができていなかったナポリからマテーラへの移動です。

    昨日ミラノですでに長距離バスのチケットは確保でき、ナポリでのバス乗り場の確認もできているので、あとは乗り遅れないようにカプリ島から戻ってバスに乗るだけ。。と思ってました、、がw

    まずはカプリ島アナカプリから船の出る港マリナグランデまでの移動。
    これはホテルの人がクルマで送ってくれるハズだったのですが。。
    送るのは11:30でないとダメとか。
    1時間以上もあるから、それならバスで行くかなということにして、バスで向かいます。
    乗ったバスはマリナグランデまで行かず、途中アナカプリ中心地で乗り換えなければならないため、乗り換え地で降りて、マリナグランデ行きのバスを待ちます。

    しかし、全然来ないww
    来たバスに、マリナグランデ行きますか?と聞いても、行かないーと言われ続け、待つこと30分ほど。。
    やっとマリナグランデ行きと表示されたバスが来ましたw
    さてそこからはくる時は10分ちょっとくらいだったと思うのですが。。
    帰りは大渋滞ww
    元々道が狭く、すれ違う対向車との距離数センチwwという、ドライバーの車両感覚に感心しつつも、、バス進みませんww

    写真はすれ違うバスとバス

    結局30分くらいかかって港に到着。
    船の時間ギリギリっっ(>_<)
    チケット買って、お土産見る時間も写真撮る時間もなく、慌てて乗り場へっっ。ホテル出てから1時間以上かかってしまいましたが、何とか予定通りナポリまで到着です。。

    ナポリでランチをすませ、長距離バスの乗り場へ。

    マテーラ行きですか?
    と聞きながら、目的のバスを見つけ、荷物を預けてバス乗車です。

    空いてる席に座ったら、人が来て、どうやら指定席らしぃ、チケットのここに番号書いてあるよと教えてもらって、自分たちの席に着き、直角の座席を少し倒すと後ろのにーさんたちが、僕たち大きくてねー、きみたちがシート倒すとせまいんだよーわかるー?
    多分そんなことを言っていたのでしょう。やむなくシートを直角に戻し、、さてここから4時間の(苦痛な)バスの旅です。。

    途中人が降りていったので、席を代わって、なんとかリクライニングを確保しましたが、朝から激しいバスや船で少々胃袋がシェイクされた状態で、しかも途中トイレ休憩もなく、、結構辛い4時間でしたね。
    そして4時間10分でマテーラに着いて、そこからVillaLongo駅へ、ここからタクシーでホテルまで行く予定でしたが。。タクシーいなぃし(ーー;)
    じゃあ電車ということで、時刻表みるとちょうどいい時間に電車あるっぽぃので切符買ってホームで待っていましたが、電車来る気配なしww

    近くにいたおじいさんが何やら一生懸命イタリア語で説明してくれるのですが。。わかるはずもなく、そしたら若いにーさんも来てやはりイタリア語で説明。。最後にはバスで行けということでついてこいーという手ぶりに後ついていき、ちょうど来たバスに一緒に乗りました。
    料金はいくらかと聞いても。。みなさん英語ダメみたく、しまいには、もういいよと言ってただで(その前に電車の切符買ってたからただではなぃかもですが)乗らせていただきました。

    しばらく乗ると「SASSI」の標識が出て、確かに目的地に向かっているんだよなと思いつつも、やはり庶民の足ですから、まっすぐそこに向かうのではなく、時には標識と反対方向にまがったりして、私達の不安を増長させつつもバスは走ります。

    まもなく、ここで降りろとイタリア語で多分そう言ったのでしょう。
    向こうの方がSASSIだよと指さしてくれたので、バスを降り言われた方向へ。
    でも標識もないし、それらしい建物も目に入らないし、道ゆく人に場所をたずねると、何人か集まってきて、最後にはおじいさんが、こっちこっちと先導してくれました。
    なんと、そのおじいさん、ホテルまでずっと一緒に来てくれて、ホテルの前で、ここだよって言って帰っていきました。。
    親切な人々に支えられ、長い長い道のりを無事クリアすることができましたww

    ナポリでは、ふっかけられたり、シートを倒すなと言われたりで色々不愉快な思いをして、実はちょっと凹んでおりました。
    マテーラについても、電車来なかったり、どうしようって思っているところに、イタリア語しか話せない人たちの色んな親切にあって助かりました。

    確かに元々無理のあるプランではありましたが、無事本日の宿泊先に到着です。

    さらちゃんは経験値が5あがった。
    旅人のレベルがあがったw

    まさにそんな感じです。
    2012-08-15 14:55 | カテゴリ:2012Italia
    遠路はるばるカプリ島まで来たのは、青の洞窟を見るためです。
    ここは世界遺産にもなっている有名な観光地ですねー

    宿泊先をアナカプリにしたのも、朝一番で青の洞窟に行きたかったから。
    まぁ朝一番に行かないとものすごい人で、行列ができてしまい待機時間がめちゃかかると聞いていたからです。

    私たちには時間がないのよっということで朝ごはん終えてからバスで青の洞窟に向かうことにしました。
    風がある日、波のある日は中に入れないという、オーロラ同様気象条件と運が左右するこの観光名所です。
    同じホテルにいた日本人宿泊者の話だと、昨日は見れたけどおとといは風があって入れなかったとか。。
    今朝の風はどうなんだろうか。。。
    結構周囲の木がゆさゆさしてるし。。
    このためだけにここまで来たんです、
    日ごろの行いを悔いつつ、自分の運を信じつつ、アナカプリからバスで青の洞窟へ向かいます。

    バスを降りると先に降りた外人さんたちが歩く方に何気にみんなついていくので私たちも一緒についていきました。
    ついたところには、それらしいボートがいません。
    しかも波も風も結構あるっぽぃ。。
    やっぱダメかぁぁぁ(>_<)
    しばらくそこにいたけど、あきらめて来た道を戻ります。
    すると、途中から別のルートがありましたよww
    そちらにおりていくと、いましたww
    ボートがいくつもww
    中に入れるんですか??と聞くと、風あるからもしかしたらそのうち中止になるかもしれないから、早く行きなさいとのこと。
    二人OK??
    OK
    やったー中に入れるーーヽ(;▽;)ノ
    二人でボートにのり、中にはいります。
    思っていたよりも広い洞窟のなかをゆっくりとボートはすすんでいきます。
    青いよーすごいよー



    見れないかもってちょっとあきらめ感あった中だけに、喜び倍増です。半分くらい回ったところで、前に入った舟が外に出たので、私たちの舟だけで洞窟貸切状態になりましたぁ。
    十分堪能するほどの時間はなかったけれど、中に入れて、見ることができた喜びだけで十分満足でした。
    洞窟から出ると、団体さまの到着です。たくさんの人を乗せた船が何艘も来ていました。
    ここからは、ネットでみていた通り、順番待ち待機があるんですね。
    今いる人だけでも結構時間かかりそうだけど、これから日帰りでカプリ島に来る人がドンドン来るだろうから、、ホント朝一番で入ることができてよかったです(>_<)
    満足のミッションクリアでしたぁ

    さらちゃんは経験値が1あがった
    さらちゃんは運が1あがった

    さて次は、今回の旅で一番の懸案事項だったマテーラへの移動です。
    2012-08-15 14:25 | カテゴリ:2012Italia
    さて、イタリア1日目。
    ミラノ到着後、電車でナポリまで移動するのですか、少し時間があるため、本当は市内観光を予定しておりましたが、昨日の上海のこともあり、またミラノは最終日にも来るということで、おとなしく中央駅で電車の時間を待つことにしました。

    はじめに、明日マテーラまで移動するときのバスのチケット予約をしなければなりません。
    これは日本から、予約の方法がわからず確保できないままイタリアに来てしまいましたが、もし当日満員で乗れなかったら、そこから先のスケジュールが大きく崩れるという、重大なミッションです。
    駅舎にある旅のチケット代理店みたいな感じの窓口のおにーさんに、日本から持ってきた、バスの予約サイトのページのコピーを見せて「このバス明日予約したい」
    「OK」
    うわーよかったぁ(>_<)
    ホントイタリア来る前に、一番の懸案事項だったんですよー(>_<)
    これで旅の足は全て確保です。
    あとはそれぞれにちゃんと乗るだけですヽ(;▽;)ノ
    超ミッションクリア~

    さらちゃんは経験値が2あがった

    で、安心したところで、ランチです。
    まずは、ピッツェリア マルゲリータを注文。


    おいしくいただきましたww
    この後は、やっぱデザートでしょ。。
    ということでジェラートなどいただきました。

    そんなことをしているうちに、電車の時間になり、イタリアの新幹線に乗るのでしたw



    ミラノからナポリまで、途中ボローニャ、フィレンツェ、ローマを経由し5時間ちょっとの電車の旅です。



    10数時間のフライトの後で、よく電車5時間も乗るわ。。と、思うでしょうねぇ(^_^;)
    私もそう思います。
    でも、南の方に行きたかったから、、
    飛行機で行くことも考えたけど、以外と時間がかかったりするわけで、まぁ色々考えた結果電車の旅となりました。
    飛行機と違って、外の風景を楽しみながら、座席もゆったりしてるし、結構快適な5時間でしたぁ

    ナポリに着いて、まずはさっきミラノで取ったバスの乗り場確認。

    バスチケット売り場のおねーさんに聞くと親切に外まで来て場所を指さして「あの緑の窓のある建物ホテルカブールの前ですよ」
    ありがたいー
    バス乗り場ってのは、ホントわかりにくいから、これで明日慌てることなくバスに乗れそうです。
    本日の2つ目のミッションクリアです。

    さて、次のミッションは、カプリ島へ行くために船が出る港までの移動です。

    一応下調べでは、トラムに乗って行くつもりでしたが、時短優先でタクシー利用です。

    ぼれぃ あんだーれ もろ べべれっろ

    旅の前唯一覚えたイタリア語
    モロベベレッロ港へ行きたいのですがーー
    おおー通じたぁ

    予定よりお金はかかったけれど、ミッションクリアです。

    さらちゃんは経験値が1あがった

    モロベベレッロから船に乗って40分ほどで本日の目的地カプリ島に到着。
    ここからホテルまではタクシーに乗って行きます。

    タクシーに乗ってアナカプリ地域へ。
    タクシーはどんどんと山を登っていきます。
    途中の眺望といったら、、
    高所恐怖症の人にはおすすめできないレベルです。狭い道路がガケのギリギリまできていて、クルマから下見るだけでくらっとくるくらいです。
    そしてホテルに着き、夕食を取りに外にでただけで、長い長い一日が終わりました。

    どれくらい移動したかというと、イタリアから乗り換え1回で名古屋まで飛行機できて、そこから名古屋駅まで移動して新幹線に乗って博多まで行き、それから博多港まで移動して船にのって、釜山まで行き、港からタクシー使ってホテルまで行ったww
    そんな感じですかね(^_^;)
    アホかwwって言われそうですね。。

    そんなところで明日につづく。。
    2012-08-15 14:14 | カテゴリ:グルメ
    上海到着が1時間ちょっと遅れて、しかも、空港で一旦荷物を受け取らなくてはならないということで、荷物取って、預け場所探してウロウロ、、結局夜はクローズするからといって荷物預かりもしてもらえず、キャリーバックひきづったまま、上海の中心部へ。
    おかげで上海滞在時間が少なくなってしまいましたが、とりあえず予定通りリニアに乗って街まで行きました。
    時速300キロほど、バス地下鉄だと1時間くらいかかるらしいのですが、10分ほどで到着。
    それから地下鉄に乗り換えて上海ビル群立ち並ぶ場所へ。
    ここで夕ごはんする予定でしたが、なんせ時間が少なくなっており、しかも最終のリニアは9時42分発
    空港行き最終地下鉄は9時15分とか(ーー;)
    空港行きバスなら、
    もう少し遅い時間もあるかなーと、ガイドブックの地図にのっていたバス乗り場に行きましたが、そこにある時刻表を見る限り、空港行きのバスはないような感じで、これはもう急いで帰るしかないっ!
    ということで、慌てて地下鉄に乗り、リニア最終に乗るつもりでしたが。。
    なんせキャリーひきづった状態ですから、フットワーク激しく悪く、歩道橋や地下鉄乗り場への階段などの障害を抜け、改札口のX線荷物チェックを抜け、地下鉄に乗りましたが、、
    リニアの最終にはあまりにギリギリの時間。
    降りて走るか、または今乗っている地下鉄は空港方面に向かっているはずなので、終点までいってそこからタクシーに乗るか。
    どうする?!
    でも降りて走ってもこの荷物持ってでは、とても間に合いそうにないという事と、駅員さんは9時15分が空港行き最終と言ったけど、何となく違うような気がした←ホントに気がしただけですが、それにかけてみることに。
    近くにいた高校生くらいの男の子に、この地下鉄は空港にいきますか?と聞いてみると、行くよーという返事。
    どうやら、途中の駅で降りて、同じホームの別の地下鉄に乗れば空港まで行くと教えてくれました。
    乗り換えする駅も路線図で指差して教えてくれたし、めっちゃほっとしましたよ~~(>_<)
    無事乗り換えし、言われた通りにホームにいると反対車線に来た地下鉄が空港行きの表示がヽ(;▽;)ノ
    なんか、真剣に空港に戻れないのでは。。と一瞬思ったけれど、、よかったよかったです。
    その後は無事飛行機に乗り、ミラノに定刻通り到着しました。

    さらちゃんは旅の経験値が1あがった。
    2012-08-11 16:25 | カテゴリ:2012Italia
    出国ラッシュかと思いきや、空港は普段と変わらない、。というか普段より人が少ないような気がします。。
    まぁ午前中にみんな出てしまったのかもですがw
    でも空は混んでいるのか、天候のせいなのか、案内板は軒並航空機遅延の表示となっております。



    私が乗るのは上から2番目ですが、一番上なんて6時間遅れとか(ーー;)
    気の毒すぎるわ。。

    私の乗るのは1時間遅れの予定ですが、、どうなることやら。。

    この先上海で乗り継ぎですが、時間が結構あるから、街にでて夕ごはんを予定しているので、出発が遅れると、それができなくなるかも。。まぁそのあとのミラノ行きが遅れないことを祈るだけです。。

    さて、そろそろ搭乗時間のハズですが。。アナウンスはありませんねーー(^_^;)

    ではでは~
    2012-08-08 15:41 | カテゴリ:2012Italia
    今週土曜からの出発だよ~(>_<)
    なんか、仕事忙しくてそんな感じ全然しなぃんだけどww

    というわけで、今週土曜から19日までの9日間上海チョイ寄りとイタリア1周旅行に行ってきます。

    上海チョイ寄りというのは、乗り継ぎ時間が8時間ほどあるので、空港を出て上海で夕ごはんでもしようかなーということで、ホントちょっとだけ上海に寄ってきます。

    その後はイタリアミラノ着~ナポリ経由カプリ島。マテーラ・アルベロベッロそしてベネツィアからミラノに戻って、上海経由で帰ってまいります。
    地名だけだとイメージしにくいかもしれませんが、イタリアの長靴のような地図を想像していただいて、
    ひざからすね、そしてつちふまずからかかと。それからひざうらに行って、
    ひざに戻る。。といえば何となくイメージしやすいのではないかと思います(^_^;)
    それだけの距離を数日で回るという無謀さに呆れる方もいるかもですね(^_^;)

    あと数日で出発です。
    準備もまだまだですが、無事帰ってこれるよう。。というか、無事旅を続けることができるように祈るばかりです。

    また現地からこちら更新するかもしれないので、たまにのぞいてやっていただけるとうれしいです(^-^)/
    2012-08-02 05:15 | カテゴリ:2012Italia
    予約したときには、まだ3ヶ月も先だと思ってたのに。。
    すでに8月に入り、出発まであと2週間きってますww

    まだなんの準備もできてませんww

    昨日あたりから、旅行行程をチェックしながら、予約したホテルへメール打ったりして、予約の再確認と色々聞きたいことなどを英語で苦戦しております^^;;

    まぁでも返信してくるメールも割と簡単な英語だったりするので、助かってますけどね^^

    今回の旅行は、電車やバス・船・飛行機・長距離タクシーに至るまで、各種乗り物を使っての大移動旅行のため、電車の時刻表や、バスの乗り場とかチケット売り場。。なんていうものまで、とにかく調べまくってます。
    インターネットってのはそういうとき便利なんですが、日本人の旅行記だと詳しく書いてあっても日付が古かったりして、現在あてはまるのかどうかがかなり不安があるため、やはり現地サイトと格闘する必要があります。
    英語表記があるサイトもあるのですが、イタリア語オンリーだったりすると。。もうさっぱりww

    自動翻訳かましてみても、いみふ~なこと各種です。

    まぁそれでもそれなりに、色々とわかってきたので、あとはこの強行スケジュールが支障なく進むことを祈るだけです。。

    現在の不安材料としては、高速バス移動で、そのバスの予約がネットからできなくて。。これは他の人の旅行記にも複数書いてあるのがあったので、もしかしたら本当に日本からの予約はできなぃのかもしれません。

    そうなると現地にいってからの予約となるわけですが。。イタリアのチケット売り場は出発時間前にならないとオープンしなぃだとか、、そんなことが書いてあると、当日人いっぱいで乗れないwwなんていう事態が起こったりするのではなぃかと。。
    それが一番こわぃですね^^;;

    一応代替えの電車時刻も調べておくかな。。
    電車だと乗り換えが3回くらいあって、駅アナウンスとかないから、それこそ乗り換え損ねて現地に到着しなぃという事態を恐るわけではありますけれど^^;

    初めての完全手配旅行。。
    楽しみではありますが、無事スケジュールをこなすことができるようにと祈るばかりです
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。