-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2013-04-25 21:56 | カテゴリ:Travel
    最近OneDayTripにちょぃはまりしてますw

    なかなかお泊まりで旅行にはいけない友人と一緒に日帰りでおでかけして、その日のうちに帰ってくるといった、本当に気楽な日帰り旅行です。

    前回は大阪のUSJに行きましたが、今回は横浜ですw

    テレビで横浜食べ歩きなんてぇのを見てしまったもんだから、ふっと「そうだ!横浜行こうw」などとおもってしまい、実行に移した。。とまぁそんな感じですねw

    スケジュールは、朝8時くらいの新幹線に乗って新横浜まで行き、そこから目指すは「八景島シーパラダイス」そして「中華街
    時間もないので、この2箇所にしぼってのOneDayTripとなりました。

    さて4月13日土曜、、朝5時30分頃にいきなり携帯がけたたましく鳴りました。
    こんな時間にアラームセットしたかなぁ。。とおもいきや
    なんとなんと「緊急地震速報」ではありませんかw
    淡路島で震度5弱の地震があったのです

    変な時間に起こされてしまって、なんか調子狂ってしまぃましたが、その後名古屋駅まで行くと。。地震の影響で新幹線遅れてるとか(--;

    なんか最近旅行に行くたびに交通機関のトラブル多いですよぉ
    雪とか雪とか雪とか。。地震とかw

    まぁ遅れといってもスケジュールが狂うほどでもなく、新幹線に乗って新横浜
    ここで降りるのははじめてなんだけど、、不便な場所にあるのね。。
    横浜駅にでるのに2回も乗り換えしなぃとだなんてw
    駅もなんか日本3大都市を名古屋と張り合うような市とはとても思えないような感じ。。
    まぁ新横浜の駅に限っての話ですけどw

    地図を見ながら路線図を見ながら、まずは中華街
    まだ午前中なのに人いっぱいねw
    あれこれ目移りですよぉ
    おいしそうなものいっぱぃぃぃ

    結局早めのお昼をすまそうということになり、ガイドブックに載っていた「梅蘭」というお店へ
    行列必至と書いてあったけど、まだ時間も早く、並ぶことなくテーブルにつきます。

    ここでオススメというのが「梅蘭やきそば」
    image (6)
    やきそばセット(やきそば+フカヒレスープ+エビチリ+杏仁豆腐)

    このやきそば、写真みていただけるとわかるように、広島のお好み焼きのようにそばを生地でかためてあります。
    でもその下にはあんかけのやきそばが埋まっており、外はカリカリ、中はしっとりぃ~の1回で2度おいしいというモノでありますw

    上からいってしまったのは敗因><。
    途中でおなかいっぱいになってしまい、中のほうがあまり食べることができなくなってしまぃました。。
    これやきそばだけで2玉分くらいありそうですよ><。

    大きな胃袋をかかえて、次は八景島シーパラダイスへ。。

    こちらは水槽の中のトンネルが有名ですよね
    前から来て見たかったので、ほんとワクワクですw

    IMG_0162.jpg

    ここでは、イワシの大群ショーがありましてね。。
    これがすごかった><。

    IMG_0093.jpg

    照明や音楽をかけて、イワシの大群を。。多分水流かなんかで誘導してるんでしょうねえ
    上から下へずわわあわわああああああああっと、いわしの大群がまるで本当にショーをしているように魅せてくれますww

    すごぉぉぃ。。。

    あとはイルカ水槽
    IMG_0169.jpg
    ココは外の日差しが差し込んでいて。。
    ちょうどいい感じにヒカリをとらえることができましたよw

    IMG_0175.jpg

    IMG_0214.jpg
    うっすらと亡霊のように写っているのは私ですw

    水族館はねぇ
    名古屋港水族館でもそうなんだけど、、写真撮っていて飽きないねw

    水の中をゆらゆらとただようクラゲとか
    そんなん撮っていたら、一日なんてあっという間だよぉ
    このイルカ水槽の前なんて、ずっといても飽きないだろなぁあ

    まぁそんな名残おしい気もしますが、、時間もおしているので、水族館をあとにして再び中華街へ戻ります。

    IMG_0240.jpg

    そんなわけでゆうごはんw
    今度は知り合いのおすすめのお店「山東」へ
    何たのんでもおいしぃよーという評判でしたが、ここで有名なのが「水餃子」だというので
    ビールとともに「水餃子」と「青菜いため」を注文

    またこれが、、ハンパなぃ量><。
    image.jpeg
    でかぃんですww
    青菜いためいらなかったねぇ><。
    ホントそんなかんじw
    おいしかったけど、、量に圧倒されて、ゆっくり味わってはいられなかったよぉなw

    再びパンパンの胃袋をかかえて夜の山下公園へ。。

    ああ、、テレビドラマとかで見る夜景だぁ
    IMG_0256.jpg

    なんかカンゲキw

    そしてふらふらと散歩しつつ帰りの新幹線へと向かいます。

    途中で大道芸なんかやってたりして
    なんかなつかしい気分でしたよw
    IMG_0288.jpg

    暑くもなく寒くもなく
    いっぱい歩いて、ちょっとひざ痛くなってしまったけど、こうして今回のOneDayTripは終了です

    日帰りでも結構まわれるんだね^^
    これからもちょくちょくやっちゃってみようかなと思ってますb

    そんなわけで、今回のお写真たちはこちらFlickrにUPさせていただいてますので、よろしければご覧になってくださぃまし^^

    Flickr
    http://www.flickr.com/photos/sarasasorbet/sets/72157633348976204/show/
    スポンサーサイト
    【ジャンル】:旅行 【テーマ】:日帰りお出かけ
    コメント(0) | トラックバック(0)
    2013-04-21 20:32 | カテゴリ:2013Italia
    思えば、出発当初からトラブルの多い旅でした。

    セントレア出発で雪のため飛行機が遅れ、乗り継ぎの時間がめっちゃギリギリで、成田空港の中を走りましたね~
    それでもって搭乗口についたときには、すでに搭乗が始まっているというホントギリギリ。。

    そこから始まって、次ミラノ駅でのパスポート盗難未遂事件。。
    (これは同行者の身に起きた事件ということで、今回ブログ記事としては割愛させていただいておりますが)

    そしてベネツィアでのカメラ紛失(盗難?)事件
    うむ。。これはイタかった( ̄  ̄;
    でもその後海外旅行保険の申請で、無事新しいカメラを購入するにいたりましたし(焼け肥りという??)
    まぁ、、データは戻ってきませんけどね

    そして、ベネツィアでの帰りの電車の遅延
    これはかなり相当。。帰りの飛行機にちゃんと乗れるのかという心配をしましたねw
    まぁなんとか朝までにミラノについてくれて、、ホントよかったですw

    帰りの飛行機もやっぱり遅れて、フランクフルトでの乗り継ぎに間に合うのか、、これも結構心配でしたが、
    同じ航空会社で、経由便という購入方法であれば、よっぽど待ってくれている(らしい)という話しだったので、少々ドキドキしながらも、こちらは多少余裕あったかな?
    でもやっぱり帰りのフランクフルトはお店みたりする時間もほとんどなかったし。。

    待っている間ってのは不安ですね
    今回は携帯で「海外パケホ」を使っていたので、LINE使って人に色々聞いてみたり、ネットでの情報をあれこれと見たり超お役立ちでしたね。
    でもそれだけに充電切れの心配はかなりつきまとってきます。

    空港でコンセントを探すけど、、どれも誰かの充電器がささっていたりして、やっとこさみつけたトイレ前にあった、たぶん掃除機用のコンセントを拝借w
    iPhone 2121
    いわゆる「電気泥棒」
    お掃除のおばちゃんが邪魔ねえと言わんばかりの顔をしつつも、見逃してくれました。
    たぶんそういう人いっぱいいるんでしょうね
    ここをみつけるまでもあちこちのコンセントには常に誰かの充電器ささってましたしw

    そんなわけで、まぁ無事に戻って来れましたよ^^
    海外旅行の経験値がちょっとあがっただろうか??
    いやいや、、何かあっても何とかなる。。かも?なんていう妙な安堵感だけが植えついてしまったような気もしたりしますが、やっぱり海外旅行はムリのない余裕のあるスケジュールが必要ですね。

    次回イタリアに行く機会あれば1都市だけにしようかなと思ってます。
    それよりも、日本から直行便でいける都市を攻めてみようかな
    フランクフルトにも行ってみたぁぃ

    まだまだ行ったことのない場所いっぱいです。
    行くことができるうちに、あちこち行ってしまいたいなと、思う次第です

    で、、次はGWにマレーシア・コタキナバルへ行ってきます
    リゾートですよん
    あ、、でも水着ムリww
    2ヶ月のダイエット計画もあまり成果のなぃままGWに突入しちゃぃそうですわ

    また旅レポ上げる予定ですので、お時間ある方はぜひ目を通してやってくださぃまし

    このブログ、、旅ブログのハズではなぃのですけど、、延々と旅記録になってますね
    本当はわたしの日常ブログのつもりなので、もっと細々とした日常のあれこれを書きたいんですけど。。
    ここんところ滞ってしまって結局旅ブログを延々とつづっていたりします。。

    では今回のイタリアの旅総集編として、ベネツィアカーニバルでの仮装をした人たちの写真各種UPさせていただいて終了とさせていただきます。

    その前に、Flickr(写真アルバムサイト)に今回の写真をUPさせていただいておりますので、こちらもあわせてぜひぜひご覧くださいまし^^

    http://www.flickr.com/photos/sarasasorbet/sets/72157632759409794/show/

    では、venezia carnival 2013の面々。。
    iPhone 2091
    サンタルチア駅前のメイク屋さん

    DSC00935.jpg
    超スタイルのいい、、だけど妖しさ満点なおねぃさま

    DSC00938.jpg
    ペットちゃんだって仮装しちゃぅんだからねw

    DSC00958_20130421172002.jpg
    仮装した私と中世貴族のおねぃさま。。どっちが私でしょう???

    DSC00963.jpg
    あやしぃですねww

    DSC00966.jpg
    これは。。。もうちょっとなんとかならなかったのでしょうか。。(--;

    DSC00989_20130421172034.jpg
    ファミリーでの仮装 いいですねw

    DSC01016.jpg
    仮装してる人もフツーにお食事するんですよw

    DSC01023.jpg
    万博の太陽神を思い出しますぅ

    DSC01027.jpg
    ステキなおねーさまw

    DSC01029.jpg
    この人たち、、いい味だしてるよねえ、ホントに一般人なんだろぉか??

    DSC01035.jpg
    ハデハデしいのもいいですよねw

    DSC01045.jpg
    こちらも同じくカラフルにw

    DSC01102.jpg
    この白い集団は夜の闇にものすごく映えてて、今回見た中では一番のインパクトでしたよw

    DSC01163.jpg
    この日は朝は雨からみぞれという天気で、仮装した人たちも雨をよけて屋根の下にあつまっており、その場所は撮影会場となっておりました

    DSC01168.jpg
    同じ場所です

    DSC01179.jpg
    これも同じ場所、、スイーツ大好きな貴婦人さま~

    DSC01182.jpg
    こういうシンプルなのが意外とインパクトあったりするんですよね

    DSC01187.jpg
    仮装、、ですよね^^;欽ちゃんの仮装大賞思い出しちゃいますw

    DSC01188.jpg
    これで最後^^

    カラフルな衣装
    豪華な衣装
    趣向を凝らしたものなどなど
    それぞれがそれぞれのセンスとアイデアで作られた仮装を施した人たちが街中にいる、このベネツィアカーニバルは、本当に行ってよかったなぁと思いました。

    次機会あったら、またこのベネツィアカーニバルの時期に行きたいなと思っております^^

    イタリアに夢中な私でした⌒★
    【ジャンル】:旅行 【テーマ】:旅行記
    コメント(0) | トラックバック(0)
    2013-04-21 20:31 | カテゴリ:2013Italia
    ホテルに荷物を取りに戻り、いよいよベネツィアの街も見納めの時間となってまいりました。
    DSC01257.jpg
    ホテル前です。雪がかなり降ってきてリアルト橋がかすんでおります


    DSC01263.jpg
    コンデジのシャッタースピードを変えて撮ってみました。
    なかなか表現できるんじゃんw
    と、ちょっとうれしかったりww

    DSC01279_20130416212927.jpg
    さてヴァポレットに乗り込み、サンタルチア駅へ向かいます。
    さようなら、、ホテルリアルト(正面茶色の建物)
    さようなら、、リアルト橋。。

    DSC01286.jpg
    ヴァポレットの中から。。

    DSC01295.jpg
    そして到着したサンタルチア駅では、さっき見たときよりも駅前が白くなっております。。

    DSC01299.jpg
    シャッタースピードを落として、雪を表現する撮影が楽しくて、何枚も撮ってしまいますw

    DSC01304.jpg

    DSC01305.jpg
    私は雪のあまり降らないところに住んでいるので、雪が降っている様子っていうのは、心が躍りますねw

    でもね。。
    自分の家にいるときだったら、、

    「雪=交通マヒ」

    この図式が即効頭に浮かぶわけですが、、なんせ旅行中
    非日常を楽しんでいるときでしたからあ
    雪もイベントのひとつくらいとしか。。思ってなかったんですねえ(ーー;

    駅前で一通り雪降るベネツィアの撮影を満喫したあと、駅の中へいくと。。。
    なんか、、やたらと人があふれてますww

    電工案内板をみるとぉぉぉぉ
    軒並み「DELAY(遅延)」の文字がっっwww

    電車遅れてるんだww
    このときは、まだその程度の印象でしたねw
    だってまだ電車に乗る時間でもなかったから、そのうち来るでしょと、そんな楽観的な私でした。

    しかしっw

    電車来ませんよw

    まじでw

    ホームに止まってる電車も動く気配なぃしw

    発車時間になっても、乗る電車がこなぃw

    さて。。こっから長い時間を過ごすこととなるのですぅぅ

    同じ電車に乗る人いないかなと、日本人の姿を見つけては「どの電車に乗りますか??」と聞いてはいたものの、誰もいなぃ。。
    状況もイマイチ把握できなぃまま、時間はどんどんすぎ、、雪も激しくなっていきます

    さすがに夜21時を回ると、、今日中にミラノにつくことができなぃという実感から。。
    やっとここで「明日の飛行機に乗れるのだろぉおかあああww」という不安が増してきました。

    そんなとき天の助けw
    日本語で話しかけてきてくれた方がおりましたっ><。

    同じ電車に乗る日本語と英語が達者な中国人の女の子w
    しかも、とても親切で、色々と通訳やってくれたり、状況をおしえてくれたりと。。この人がいてくれたおかげで、どれだけ心強かったことか><。

    今晩の宿泊予定のホテルにも「遅くなっても必ずいきますからキャンセルではありませんから」と電話してもらったり(この時点ではホントにそのホテルに入れるのかどうかも怪しかったけど。。)

    振り替えの電車が準備できましたというアナウンスが入ったとき、すぐに電車に走れたのも、そのコのおかげ><。
    無事電車の席も確保できて、、あとは発車するのを待つだけというところまできましたねw
    待ってる人みんなその電車に乗り込んできたので、、ものすごい一杯でしたw
    座れてよかったよぉぉぉ><。

    そして。。0時前、、7-8時間くらいの待機の末。。やっと電車が動き始めました。

    電車が動き始めたとき、車内では歓声があがりましたw
    あとはミラノへ向かう途中で止まることのないように。。それだけを祈りつつ
    電車はベネツィアサンタルチア駅を出発しました

    特急電車ではありましたが、、ゆっくりゆっくり走っていきます。
    たぶん、止まる駅も多かったんじゃなぃかな
    ミラノについたのは3時回っていたね
    DSC01312.jpg
    ミラノ中央駅の構内
    3時ちょっとすぎですね
    駅の扉がどこも閉まっていて、構内をうろうろしちゃいましたよ

    DSC01313.jpg
    電車を降りたときに、これが配布されました
    無料配布です。イタリアってのは電車は遅れて当然という考えの国だと思っていたのですが、それほどドライなわけでもなぃんだなと、思ったよw

    でもさ、日本だったら、電車乗ってる間に配らないかな?
    みんなおなかすかせて、周囲にいる人とお菓子とか果物とか回していたりしてましたから。。

    DSC01315.jpg
    そんなわけで、やっとこさ本日のお宿に到着w
    前回夏に来たときも同じホテルだったので、場所は迷うことなく、駅のすぐ近くにある「IDEA HOTEL」
    事前に電話してあったので、キャンセルされることもなく、ホテルに入れないとかいう事態もなく、無事チェックインw

    翌日の出発時間までちょっと仮眠ですね。。

    DSC01321.jpg
    そして朝、ミラノ中央駅よりシャトルバスにて、空港へ向かいます。。
    雪。。大丈夫かな。。

    そして空港。。
    やっぱり飛行機遅れましたよww

    フランクフルトでの乗り継ぎ時間も短いのに><。

    もぉね。。今回の旅行は出発のセントレアからずっと雪にたたられっぱなしでしたw
    雪が降れば交通がとまるというのは、、名古屋に限らない。。と、心によく刻んでおくこととします。。



    【ジャンル】:旅行 【テーマ】:旅行記
    コメント(0) | トラックバック(0)
    2013-04-21 20:30 | カテゴリ:2013Italia
    カーニバルの一番盛り上がっていた9日土曜から3日目のベネツィア滞在です。
    めちゃめちゃ寒かったですよぉぉぉ><。

    さすがに月曜ともなると、、仮装している人の数も減ってきて、到着した日がクライマックスの日だったのだなぁ。。と今更ながらに思ったり。。

    この日はサンマルコ広場の鐘楼に登ってみましたよw
    展望台から見るベネツィアの街はホントステキです^^
    ただ、、めちゃめちゃ寒かったですけどねw
    登った人たちもあまりの寒さに長居する人も少ないようで写真撮ったらさっさと降りてしまいますw
    DSC01139.jpg
    鐘楼から見るベネツィアの街

    そして次はサンマルコ寺院です。
    DSC01158.jpg
    サンマルコ寺院

    DSC01151.jpg
    寺院内部

    DSC01154.jpg
    床はステキなモザイクになってます^^
    こぉいうの好きw

    この日は朝からみぞれが降り、それがだんだんと雪になってくるという、、ホント寒い日でした><。

    外のゴンドラ乗り場には日本人ツアー客の列ができていて、こんな寒くて波がある中でも、やはりベネツィアにきたらゴンドラに乗らなければという(!?)からか、みんなゴンドラに乗り込んでいきます。

    やっぱぁゴンドラは夏がいいよぉお><。

    というわけで、夏に撮った写真など⌒★
    IMG_6914.jpg

    IMG_6939.jpg

    このあと、本島から離れて、ムラーノ島へ渡りました。
    ムラーノ島はベネチアングラスの島です。

    DSC01210.jpg
    水路に沿って両側にベネチアンガラスのお店が並んでいます。
    ベネツィア本島のにぎやかさとは全く違って、ひっそりとした感じがいい雰囲気の島ですが、、お店をのぞくと、、高価なガラス製品が並んでますよ^^;

    DSC01213.jpg
    通りなどにもガラス製品のオブジェとかあったり

    こちらはショーウインドウに飾ってあるガラス製品
    DSC01199.jpg

    DSC01219.jpg

    DSC01228.jpg
    雨にぬれたウィンドゥガラスがなんかそそって、何枚も撮ったりしちゃぃましたw

    こうしてる間に、、どんどん雪が強くなってきます。。。

    DSC01235.jpg

    DSC01239.jpg
    何気にお気に入りの一枚。。雪降る中の寂しげな雰囲気が気に入っている一枚です

    一通り散策の後、ベネツィア本島へ戻ります。

    到着のサンタルチア駅。。
    DSC01244.jpg
    昨日まで駅前にはたくさんのメイク屋さんがいたのに、、もう全然いなぃ><。
    祭りは終わった。。そんな印象の強い、雪降るサンタルチア駅前です。

    これで、ベネツィアでの2泊3日の滞在は終了
    ここからはサンタルチア駅からミラノまで再び電車に乗って戻り、翌日には日本へ戻る。。そんな予定です、、がww

    to be continued!!!
    【ジャンル】:旅行 【テーマ】:旅行記
    コメント(0) | トラックバック(0)
    2013-04-21 20:30 | カテゴリ:2013Italia
    ベネツィア2日目のこの日は、まずはサンタルチア駅まで行って、フェイスペインティングをやってもらいます。

    到着したときに駅前にはフェイスペインティングのメイクをする人がたくさんいて、「いかがですかー?」と声をかけられてはいたのですが、そのときには荷物もあったしとりあえずホテルに行ってチェックインをすまさなければぁwwということで、スルーしちゃったわけですが、今日はまずはここで顔にペイントメイクをしてもらいにやってきましたw

    DSC00979.jpg
    描いてもらっている最中

    値段は描く大きさによって色々
    ワンポイントだったり、顔のハーフ・全体などなど
    私は顔のハーフでお願いしましたよ。。値段忘れた><。
    そんなには高くありませんww
    お手軽にカーニバル参加感覚になれるので、結構おすすめかもぉ?

    顔に絵を描くなんてさ。。
    ホント何年ぶりなんでしょ。。。って、そんなことやってたのかぃwwと言われそうですが、実は2005年の愛知万博の折、友だちみんなで万博会場で顔にラクガキ。。ほんとラクガキ状態でつるんで歩いておりましたねw

    変身願望っていうほどたいしたものではないけれど
    特別な場所、特別な雰囲気、、そう非日常がそこにあるのです。。
    DSC00985.jpg
    完成w

    さらにイタリアンカラーの帽子などゲットしちゃぃまして、この日はこの姿で1日過ごすぞぉw

    私が描いてもらった場所は、ベネツィアの玄関口、サンタルチア駅の前ですが、ココ以外にも
    ヴァポレットで「S.Zaccaria」という停留所で降りてサンマルコ広場に向かうあたりの場所にも、たくさんのメイク屋さんがあります。

    DSC01017.jpg
    これはそのサンマルコ広場近くでのメイク屋さん

    さてさて、フェイスペイントを施し、イタリアンカラーの帽子をかぶって、いざ非日常のいでたちにて。。この日はベネツィア観光をするのですっb

    そこでっっ大きなトラブル発生www

    私のお気に入り一眼レフカメラ「CANON EOS60D」
    ふと気づいたら。。なぃwww
    あれ??
    肩に下げていたハズなのに、、バック??
    でも、バックにもないww

    落とした??
    えw

    忘れた?
    えええ???

    盗られた?????
    えええええーーーーーーーー><。

    わからんww

    ないのですww
    とにかく、気がついたら、カメラなくなってましたw
    どうしてなくなったのかは、わかりませんww

    orz

    カメラも惜しいけど、、中の写真データがめっちゃかなしぃ><。
    結構気に入った写真とか撮れてたのにぃぃ><。

    でもなくなったもんは、戻ってくるとは思えず
    しかもコトバもわからない、ここイタリアで警察に行ったからといって、なにかの解決になるとも思えず
    かえって、時間をムダに使ってしまうだけということになりかねなぃ

    そんなわけで、あきらめたっ><。

    まぁ海外旅行保険入ってたので、ダメもとで申請はしてみようとは思ってましたけどね
    旅行中、同行の人もいる中で、貴重な時間を割くのがもったぃないですね

    そんなわけで、、ここからは気分を入れ替えて、コンパクトデジカメで撮ることに専念しますっww

    ヴァポレット停留所S.Zaccariaからサンマルコ広場に向かう途中
    DSC01039.jpg
    この構図の写真はあちこちに見られます。
    友だちのLineのデフォルトカバー写真だったり、観光用おみやげのパッケージ写真になっていたり
    ベネツィアっぽぃ一枚ということでしょうかね?

    DSC01031.jpg
    こちらは「ため息の橋」(背後の運河の上にかかっている渡り廊下のこと)
    「ため息の橋」なんていうから、失恋とかそういったロマンチスト系の逸話でもあるのかと思いきや、実は、この橋の先には水牢があって、罪人がそこに向かう途中この橋の窓から最後のシャバを見てため息をついたというところからのネーミングのようです。

    このあたりからサンマルコ広場周辺はもぉ人人人の大混雑ですw
    そんなわけで、運河をわたって反対側の岸に行きます。

    DSC01054.jpg
    SantaMariaDellaSalute(サンタマリアデッラサルーテ教会)

    DSC01078.jpg
    同じくサルーテ教会
    仮装の人が映えますねー^^

    DSC01058.jpg
    サルーテ教会からちょっと先の先端部分まで行くと、これがあります。
    「カエルを持った少年」
    屋外に立ってますが、警備の方がいるので、触れることはできません

    DSC01063.jpg
    カエルを持った少年像のある場所からサンマルコ広場方面を望む
    ちょうど、仮装した人たちがカヌーにのって運河を渡っていきました。
    カラフルな色がまたいいですね^^

    次回はベネツィア最終日へとつづきますっb
    【ジャンル】:旅行 【テーマ】:旅行記
    コメント(0) | トラックバック(0)
    2013-04-21 20:30 | カテゴリ:2013Italia
    念願のヴェネツィアカーニバル会場ですよw
    ホテルのあるリアルト橋からヴァポレットにのってサンマルコ広場へと移動

    すごぃ人ですよwww
    DSC01033.jpg
    もうねww
    ほんとすごぃ人です
    前回8月にヴェネツィアに来たときも、ここサンマルコ広場周辺はすごぃ人がいましたけどね、もちろんその比じゃありません。

    早速と目にはいってくるのは、きらびやかな中世の衣装に身を固めた人たちももちろんですが、一般の人たちもマスクや仮面などをつけたり、かぶりものをしたりと、それぞれに自分スタイルな仮装でこのカーニバルを満喫している人たちですねw

    「やっちゃおっかw」

    あちこちで仮面を売っている出店があるので、あれこれ物色
    DSC00994.jpg

    DSC00993.jpg

    DSC01091.jpg
    出店にはこんなかんじで、仮面がぎっしりぶらさがっておりますw
    (これは夜に撮影したものです)

    DSC01104.jpg
    こちらは出店ではなく普通のお店のショーウィンドウをパチリ★

    それで購入したのはこちら⌒★
    DSC00916.jpg
    2人でおそろして買ってしまいましたよw

    今回コンタクトを持ってこなかったは失敗><。
    実はこの仮面の下にメガネかけてますww

    この仮面は仮面の周囲のデコレーションがバラの花になってて、ひときわゴージャスな感じで、結構一目見て「これにするっ!」みたいな感じで買ってしまいました。

    でも実際つけてみるとやっぱ重い??
    シンプルなもののほうがよかったのかもぉ。。と思ったり
    でも、カーニバル終わって帰国したら記念のおみやげになるわけだから、シンプルなものよりハデっぽぃもののほうが飾ったりもできるからいいかなとかw

    周囲の人とかみると、目につけるマスクだけの人が多かったかな
    あれはお手軽でいいけれど、帰国してから家に飾るにはちょっとインパクト足りないよぉな(--;
    DSC00954.jpg
    この人のはマスクに羽根ついてますけど、羽根のないほんとシンプルなマスクだけって人、多かったですね^^

    そんな感じでサンマルコ広場にたどりつく、ほんとちょっとの距離ですが、人が多いのやら、出店のぞくのが忙しかったり、あーあの人のスタイルステキーなんてかんじで写真とりまくったりで。。
    なかなかカーニバル会場にたどりつけません。。よ(--;

    で、、やっとこさ到着w

    サンマルコ広場でっすw
    DSC00933.jpg
    写真はねぇ、、先日も書いたけど、この翌日に紛失してしまったので。。
    あんまり残ってないんですよぉ。。
    写真データが。。><。うるるるるるる

    コンパクトデジカメと携帯でささやかに撮った写真でただ今つづっております。。

    DSC00958.jpg
    すてきな衣装のおねぃさまと一緒にパチリw

    サンマルコ広場での撮影会を堪能し、夕ご飯をすませて一旦ホテルへ戻り
    ホテルの前のリアルト橋ではにぎやかに音楽が響き、踊っているだろう人々の声が聞こえます。
    あとで見に行こうぉぉっと思いつつ、ほろよい気分でちょこっとベットに横になったらば。。

    そのまま朝までねむってしまぃましたよww

    あああああああああああああ><。
    なんたる不覚www

    一緒にいった方は、外に行きたいなぁと思いつつも、私が寝てしまってるので、遠慮して窓から眺めただけで終わったそうですが。。
    タイヘン申し訳ないことをっっ><。

    翌日は絶対寝ないんだからねっw
    。。と心に決めた、わけですが

    翌日は日曜で、、やはり土曜の夜がメインだったようで、、日曜の晩は何もありませんでしたよ><。

    あああああああああ本当に失敗したよぉぉぉぉぉ

    orz.....

    そうして土曜の晩(カーニバルのクライマックス日)は酔っ払って眠ってしまうだけで終わってしまぃましたとさwww

    くぅぅ><。



    【ジャンル】:旅行 【テーマ】:旅行記
    コメント(0) | トラックバック(0)
    2013-04-21 20:29 | カテゴリ:2013Italia
    大急ぎでミラノでの「最後の晩餐」鑑賞とDuomo観光を終えて、さて今回の目的地ヴェネツィアへの移動です。
    今回もイタリア鉄道のFrecciaBiancaに乗ってミラノから2時間30分ほどの電車の移動です。
    DSC00895.jpg
    電車は日本で予約してあたったので、予約控えの紙を持って、そのまま電車に直接乗り込みます。
    座席はリクライニングにはならず、、固定。。
    でも各座席に電源もあり、携帯いじったりしている間に2時間30分なってあっという間ですねw
    私もLineで友達とやりとりしたり、もっていった電子ブックでマンガ読んだりしてたら時間なんて全然気にならなかったです。

    そうして電車はヴェネツィア・サンタルチア駅に到着。。

    もぉねw
    駅ついたら即そのままカーニバルですよww

    DSC00896.jpg

    DSC00899.jpg
    駅前では、、顔にペインティングしてくれるメイク屋さんがたーーくさんww
    仮装した人たちが即席パレードなんかやってたり
    もぉいきなりテンションあがりまくりぃぃ~(>∇<)

    このフェイスペインティングはあとで絶対にやろぉっと心に決めて
    とりま、、荷物もあることだし、まずはホテルに行かなくてはねw

    駅の前にあるヴァポレット(水上バス)乗り場に行き、2日間の通し券を購入。
    そして水路を使って目指すはリアルト橋b

    今回の宿泊は、人でごったがえすヴェネツィアの街を大きな荷物をかかえていても、苦労なくたどり着ける場所ということでHotelRialto(オテル・リアルト)に決めました。
    ここはヴァポレットの停留所のすぐ前にあり、観光的にも交通的にも申し分のない場所ということで選んだわけですが。。まぁホント大正解b
    DSC01279.jpg
    写真左がリアルト橋で正面の茶色い建物がそのホテルです。

    ヨーロッパの道というのは石畳が結構クセモノで。。
    荷物のキャスターとの相性が激しく悪く(ーー;
    距離が近くても、、すごぃタイヘンだったりすることが過去にもあったわけで。。
    しかも今回カーニバルの時期というので、通常時でもすごぃ観光客でごったがえすベネツィアの街ですからあ
    とにかく交通の便がいいところという基準で選びましたよ

    ヴァポレットを降りて目の前にあるホテルに入りチェックインをすませて、、部屋にはいると。。

    おおおおおおおおおおおおおwww

    DSC00908.jpg
    ホテルの窓から撮った一枚

    なんとなんと運河と橋が目の前に見えるカナル(運河)ビューのお部屋ではありませんかっっ><。
    大感激w
    2人で超ハイテンションしまくりですよww

    お部屋はこんなかんじ
    DSC00904.jpg
    広さはないけれど、この景観だけでもぅ大満足ww

    よしっそんなところで、いざっカーニバル会場へっっww

    。。。は次回につづくのだっb
    【ジャンル】:旅行 【テーマ】:旅行記
    コメント(0) | トラックバック(0)
    2013-04-21 20:29 | カテゴリ:2013Italia
    昨日は夜のDuomoでしたが、この日は最後の晩餐から戻ってきて、Duomo観光です。

    IMG_7255.jpg
    この写真は去年の夏に撮ったものです

    Duomo観光は、正面から中へ入ることと、あとエレベータを使って屋根部分に上がることができます。

    まずは正面から中へ。。
    すごかったですねー^^
    ステンドグラスやら彫刻やら。。なによりそのデカさ。。

    内部の撮影は有料になっております。
    カメラを持っている人は中に入って、カメラの看板があるチケット売り場のようなところでお金を払って、カメラに赤いタグをつけてもらいます。
    そうすれば撮影ができるようになります。

    DSC00894.jpg
    この赤いタグが撮影許可の印です。
    Duomoの中で撮影したい場合はお金を払って、タグをつけてもらいましょう^^

    せっかくお金を払っているんだから、バシバシ撮ってしまぃましょ
    。。でもザンネンながら、ここでその写真をご披露することができません><。

    なぜなら、、この翌日このカメラをなくしてしまったからです><。
    そうそれまでに撮った写真のデータとともに。。。

    上の写真が最後の姿ですね( ̄  ̄;

    というわけで、内部の写真は一枚もありません。。。

    では次に屋根部分まであがってみます。

    屋根部分に上がるのは正面の入口ではなく、外から回ってちょうど真裏あたりにキップ売り場があり、そしてDuomoの南側にエレベータがあります。
    階段であがる場合は北側に入口がありました。
    階段であがる場合とエレベータであがる場合は値段は違うと思います^^
    値段は忘れましたケドw

    エレベータを使って上にあがります。

    下から見ていた尖塔部分が目の前で拝めます。
    塔の先はすべてこのように彫刻の像がたっています。
    近くでみるとハトよけのトゲがいっぱいささってます^^;
    IMG_7258.jpg
    かろうじて1枚写真がありました
    コンデジを持っていってよかったです^^;

    ぐるっと周囲が回廊状の通路になっているので、1周まわってみます。
    でも終点は最上階というか屋根部で屋上です。
    ここからは一番高い場所に立つマリア様がよく見えます
    (今回は修復中のようでしたが)
    DSC00891.jpg
    そしてもと来た道を再び戻り、エレベータに乗って下へおりて、、Duomo観光は終了です。

    駆け足で、最後の晩餐とDuomo観光を終え、いよいよカーニバルのベネチアへの移動ですb
    【ジャンル】:旅行 【テーマ】:旅行記
    コメント(0) | トラックバック(0)
    2013-04-21 20:28 | カテゴリ:2013Italia
    2月9日ミラノ観光をしてからベネチアへ移動というスケジュールです。

    朝まずは、レオナルドダヴィンチの「最後の晩餐」を見るために、「サンタマリアデッレグラツィエ教会」へ。
    前回来たときにも一度見ているのですが、今回一緒に旅行をしているSさんにも、やはりこれは見てもらいたいなと思って、あらかじめ日本にいるときに予約をいれて、この日に備えましたよ^^
    DSC00873.jpg
    SantaMariaDelleGrazie教会
    最後の晩餐があるのは、この教会のとなり(この写真では左側にかすかに写っている白い建物)になります

    そう、ここは予約なしではなかなか入れないようです。
    時間もきっちり15分きざみで、ディズニーランドのアトラクションのように待機所から待機所へと決められた人数の人だけが移動させられ、最後のドアが開いたときに、そこにその絵はあるのです。
    DSC00876.jpg
    第1の待機所です。ここには鉄格子があり先へは進めないようになっています。

    DSC00879.jpg
    待合室みたいな感じですね。
    ここに説明パネルがたくさんあり(もちろん日本語ではありません)いろいろな説明が書いてあります。
    DSC00880.jpg
    戦争の折、この教会も爆破され、、でも、奇跡的にこの絵の部分は残っていたようです。
    そんなようなことは書いてある、、ハズw(この写真のパネルではないけど)

    今回2度目ということもあって、比較的ゆっくりと色んな位置からのこの絵を楽しみました。
    最前列から見る、絵の中の人物の表情やテーブルにおかれた食器や食べ物、そしてテーブルクロスの折り目だったり柄だったり、今まで印刷物で見ていたときに気づかなかったような細かい描写を楽しみ。
    そして、中ほどあたりからみる絵の大きさとか全体の雰囲気。
    あと、一番うしろにさがって見ると、、遠近感がよくわかりますね。
    こんなかんじで、時間15分の間、場所を変えながら、見るポイントを変えながら、いろんな楽しみ方ができました^^
    絵に詳しいわけでも、芸術に特に関心があるというわけではないのですが、、
    まぁミーハー的感覚ですかねw
    「おおこれがあの最後の晩餐かぁ・・」
    そんな感じで始まったわけですが、やっぱり実物を目にすると、ドキドキしますねw

    短いようで意外に長い15分間の観覧時間は、そうして終わるのです。

    「サンタマリアデッレグラツィエ教会」へのアクセス
    メトロ1号Conciliazione駅から歩いて5分
    メトロ出口をでてViaBoccaccio(ボッカチオ通り)を東に、1つめの角を曲がってまっすぐつきあたりが、その教会となります。
    DSC00884.jpg
    メトロ駅出口

    DSC00885.jpg
    メトロ駅出口をあがったところ、この交差点を右へいき、最初の角で曲がってつきあたりです


    メトロ駅構内にもその教会への道案内表示があるので、間違うことはないと思います。
    DSC00887.jpg

    ガイドブックには最寄の駅は、CadornaF.N.M駅となっていますが、Conciliazione駅の方がわかりやすいし、近いです。これたまたまメトロに乗ってるときに居合わせた現地ツアーガイドさん(日本人)の方に聞いた話しです^^
    Cadorna駅の方が大きいから、そうなってるんでしょうね、、とのことw
    【ジャンル】:旅行 【テーマ】:旅行記
    コメント(0) | トラックバック(0)
    2013-04-21 20:28 | カテゴリ:2013Italia
    2013年2月8日中部から成田を経由して、ルフトハンザ航空でフランクフルト経由イタリアミラノリナーテ空港へ。

    フランクフルトまでは12時間かからなぃんですね
    前日は徹夜して、フライト中にちゃんと眠れるように挑んだわけですが、、11時間半ほどのフライトで、眠れたのは4時間くらいかな?
    今回は映画みたり、あと電子ブックにマンガ本何冊も入れて持っていったので、行きも帰りも飛行機ですごす時間は結構気にならなかったですよ^^

    旅のお役立ちグッズ、電子ブックのKindlePaperWhite
    iPhone 2077
    本体は右部分のタブレットのみです。カバーをつけて、本っぽくなってます^^
    大きさも重さも申し分ないし、なんといっても1度充電すると8日間充電不要ということで、旅行の移動中にも充電切れの心配がないということかな^^
    ま、一応充電器は持っていってますけどねw

    そんなフランクフルト経由でイタリアミラノリナーテ空港に到着
    リナーテ空港は、ミラノの玄関口であるマルペンサ空港よりも規模の小さい、国内線などが主に発着する空港です。
    でもミラノ中心部へは30分ほどということで、結構近くて便利のいい場所でした。

    ここからバスにのってミラノ中央駅(ミラノ・チェントラーレ・スタチオネ)まで
    前回と空港は違いますが、まぁ2度目のミラノということで、スムーズに移動~♪

    駅からはタクシーに乗って本日の宿泊先である「Grand Hotel Plaza」へ
    このホテルはミラノの観光名所「Duomo」のすぐ近くで観光や買い物、そして翌日、最後の晩餐を見るために移動するのにアクセスのいい場所であり。
    しかも料金もツインで150ユーロと、まぁまぁのお値段。

    チェックインをすませて、早速と近辺の散策をしつつDuomoへ

    この建築物ってのはホントすごぃですね
    前回来たときもそう思ったのだけど、建物の大きさもさることながら、建物の壁面や空に向かってそびえたつ尖塔などどれもこれもステキな彫刻が施されていて、それらひとつひとつもすごくステキなのです。。

    最初の日は夕方到着だったので、中に入ることはできず、外からライトアップされた姿を見るだけとなりましたが
    夜に浮かぶこの姿には、2度目ではありますが、ほんとホレボレしちゃぃます。

    この写真は前回夏に行ったときに撮ったものです。
    IMG_7270.jpg

    メトロDuomo駅の階段をあがる途中からだんだんと正面に見えてくるDuomo
    IMG_7272.jpg
    この場所ってのは、何気にDuomoの姿を一番印象的に見ることのできるベストスポットなのではなぃかと思っております。

    次回は、Duomoの中へ入ったときのお話しをさせていただきます^^

    ペース遅っっww
    【ジャンル】:旅行 【テーマ】:旅行記
    コメント(0) | トラックバック(0)
    2013-04-21 20:28 | カテゴリ:2013Italia
    2月の3連休をはさんで、6日間(正味4泊5日)のイタリアミラノとベネチアの旅に行ってまいりました。

    今回の目的は世界3大フェスティバルであるベネチアのカーニバルを見ることです。
    さすがに一人で行くのもさびしいかなと、一緒に行ってくれる人を募集していたところ、のってくれる方がいましたので、計画を一気に実行に移すこととなりました^^

    すでに一度行ったことのあるベネチアとミラノなので、一緒に行く人が海外旅行は2度目という初心者さまではありましたが、何とかなるだろぉということで、とりあえず旅のルート確保などなど

    往復飛行機・・119000円ほど
    往路:中部発成田経由フランクフルト経由ミラノ着 ルフトハンザ便
    復路:ミラノ発フランクフルト経由中部着 ルフトハンザ便

    ミラノ~ベネチア移動電車
    FrecciaBianca 往路14ユーロ 復路9ユーロ
    予約サイト・・http://www.trenitalia.com/

    italia01.png

    こんなかんじで出てきますので希望の便を選んで進めていき、最後に予約表をプリントアウトして持っていくと、それがキップの代わりになります。
    航空機のチェックインのようなことも不要で、そのまま列車に乗って、あとは車掌さんが検札にきたときにそれを見せるだけとなります。

    こちらのイタリア鉄道のチケットですが、格安チケットの数が決まっているようで、その数に達すると値段が上がっていくような仕組みのようです。
    今回の私がとったのは10月末頃なので3ヶ月半ほど前にとって、往復23ユーロ(2800円ほど)ですが、今参考に直近の同じルートの値段を見てみると。。
    片道30~42ユーロですね。。往復で60~84ユーロ・・7500~10000円くらいとなりますうう

    あとは、ホテル予約。。
    これはBooking.comというサイトで予約
    日本語で対応できるので安心して予約をすることができます

    http://www.booking.com

    予約したホテルは3軒
    最初の日のミラノ泊・2日目と3日目のベネチア泊・最終日のミラノ泊
    ロケーションと値段を色々検討しながら。。

    1泊目・・Grand Hotel Plaza ツインルーム(2人)で150ユーロ(一人9300円)
    場所がミラノドゥオーモのすぐ近く、部屋の窓からもちらっと見えるくらいの近さです。
    観光や買い物にも便利だし、翌日朝に最後の晩餐を見に行くにも地下鉄にのって3駅ほどという条件のよさで決定b

    2泊目・3泊目・・Hotel Rialto ツインルーム(2人)548ユーロ(一人1泊17000円ほど)
    ベネチアのホテルはカーニバルの時期になると値段が跳ね上がります。。
    通常時ならこのホテルもたしか1万円弱だったかと。。
    でも、場所はリアルト橋のすぐ目の前、観光にも買い物にも、あと水上バスの乗り場の目の前なので、移動にもラクだし。。何より、石畳と相性の悪いスーツケースをひきづって歩くという事態が回避できるというのは大きいb

    フィンランド行ったときにも、駅から割りと近くのホテルのハズなのに、、キャスターが石畳にからんで、ものすごくストレスと体力の消耗を伴ってホテルにたどりついたことがあったので。。意外とココ重要b

    泊まった部屋はなんとリアルト橋を臨めるカナル(運河)ビューww
    窓から外を眺めるだけで、ベネチア気分満喫できます^^

    4泊目・・Idea Hotel Milano Centrale ツインルーム(2人)115ユーロ(一人7200円ほど)
    ここは前回来たときにも宿泊したミラノ中央駅から歩いてすぐの場所にあるホテル
    翌日中央駅から空港へ向かうだけというスケジュールのため、ここに決めました。

    移動とホテルはこんなところかな
    あとは最後の晩餐の予約をしました

    http://www.vivaticket.it ←イタリアのチケットぴあのようなサイトここから検索で「CENACOLO VINCIANO」といれると最後の晩餐のページに飛びます

    とんだ先のURLはこちらですが、、リンク切れるかも??
    http://www.vivaticket.it/index.php?nvpg[evento]&id_evento=1042115&idt=744

    italia02.png

    こちらは予約画面のトップページです。
    左のカレンダーの緑色の日が予約可能な日です。
    各時間定員が決まっているので、できるだけ早く予約するのがよいかと思います。

    チケット代は一人8ユーロ

    地下鉄に乗っていくとしても往復で3ユーロほどなので、ツアーで行くよりもずっとお得かも?

    月曜休館ですので、それは注意くださいねえ♪

    とりあえず、、旅行前の準備編ということで、まずは予約各種のご紹介でしたぁ
    【ジャンル】:旅行 【テーマ】:旅行記
    コメント(2) | トラックバック(0)
    2013-04-21 20:27 | カテゴリ:2013Italia
    去年の夏イタリア1周旅行の旅行記もまだ完成しなぃまま。。半年がすぎてしまぃました

    ブログ放置状態ですね^^;

    そんなことをしている間に、、先日再びイタリアへ旅行に行ってきました。

    今回は2月8日から13日までの6日間(現地4泊)のヨーロッパ旅行としては短い期間ではありましたが、昔からの夢だったベネチアのカーニバル期間にあわせての旅行でしたので、念願のカーニバルを堪能することができました^^

    旅行記はこれからボチボチと続けようかなとは思いますので、またよろしければのぞいてやってくださぃまし^^

    前回の旅行記の続き。。は
    アルベロベッロのあとはベネチア~ミラノというルートとなっており、今回の旅行もミラノ~ベネチアということで、かぶっておりますので、そこらへんは織り交ぜながらになるかもしれません

    ま、、そんなわけで「2013イタリア編」のはじまりぃい^^b
    【ジャンル】:旅行 【テーマ】:旅行記
    コメント(0) | トラックバック(0)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。