FC2ブログ

Sarasa...

「非日常」が好物な好奇心旺盛な50代半ばのおばはん旅行記と日常

TOP >  2015Belgium >  ベルギー3日目ゲント・ブルージュ編

ベルギー3日目ゲント・ブルージュ編

この日は今回の旅での観光メインディ
でもでも、昨日のスリの盗難届を警察に出しに行って、証明書をもらってこないと保険金請求ができないとおもい、、
とっても敷居の高いブリュッセル警察へ早朝5時くらいに行ってきましたわw
無事証明書ヲゲットし、ここからは気を入れ替えて、観光モード突入ですよぉx

本日のスケジュールは、ヨーロッパの古い町並みを堪能すべく、向かった先は「ゲント」と、そして「ブルージュ」という2つの街です。

おでかけまえの腹ごしらえに、朝食代わりのベルギー風ワッフルをいただきますw
DSC01872.jpg
ベルギー風ワッフルは、日本でいうワッフルとは別物です
ふわっとした食感ではなくて「サクサクッ」としております。
そんなサクサクの生地に生クリームとトッピングのバナナとチョコレートをたっぷりかけて、いただきますw
(チョコは自分でかけます)
朝からこんなチョコがけ生クリームだなんて。。と思いつつ、朝食べないと、このままワッフルを食べることなく、帰国となりそうなので、ミッション消化と思っていただきます^^w

ゲント中央駅到着っ
IMG_8367.jpg

観光地まではトラムで20分ほど

IMG_8418.jpg

IMG_8429.jpg

IMG_8438.jpg

IMG_8501.jpg

川の両岸に古い建物が並びます
どれくらい昔のものなんだろうかとガイドブックをみると日本でいう「いい国つくろう鎌倉幕府」くらいの時代のようです。

川沿いに並んだ建物は当時の商人たちの権力と富の象徴とばかりに立派な作りとなっています。

ここの旧市街地はのんびり歩いて十分回れるくらいの広さで、お天気もよく、写真撮りながらウロウロしつつ、ランチの場所を探しておりました。
ランチの目的はゲント名物「ワーテルゾイ」チキンや野菜のクリーム煮という感じのものらしいのですが、それをだしている店が。。休みだったトカww
はいったら、キッチンはクローズしてたとか・・
あいかわらず、食べる場所に苦労させられますわw

レストランの店先のメニューをみながらその名前を探しますが、、ないんですねぇ。。

仕方ないのであきらめて、次の目的地「ブルージュ」でランチしようと思い、トラムにのってゲント中央駅へ戻りました。

駅舎へ向かうとなにやらおまわりさんが、こっちだめーっていうので別の入口を探そうと思ったら、、どうやら、その入口がダメなんじゃなくて、、駅そのものが封鎖されていたっっww
IMG_8540.jpg
おまわりさんいっぱいww

IMG_8546.jpg
駅周辺にあふれる人人人ww

IMG_8552.jpg
テレビカメラも出動してきましたよw

おまわりさんに、何があったんだよぉw
と聞いても、駅はクローズされてるとしか言わないし。。
あ、他になんかいっててもわからなぃということもありだけどww

しばらく待ってたけど、どんどんおまわりさん増えてくし、パトカーもどんどん来る。

テロか爆発物か。。
いずれにしても、まだまだかかりそうだし、たとえこのすぐあとに電車乗ったとしたら、超満員の電車に乗らなくてはならなくなりそうなので、、再びトラムにのって、旧市街地へ戻ります。

じゃあとにかくランチする場所探さないと。。と思ってガイドブックみてたら、ワーテルゾイを扱っている店がのっていたので、その店へ行きました。
しかしっwメニューみると。。のってないww

裏メニューか??
いや、メニューにのってないということは値段もわからなぃ。。(--;

ガイドブックには15ユーロとあったので、、それを信じて
「ワーテルゾィ アンド ビア」
IMG_8564.jpg
これですよぉ
ワーテルゾィw
日本人の口に合いそうな、ほんっとにチキンのクリーム煮ww
しかもお皿にワーテルゾイって入ってるしww

IMG_8561.jpg
川沿いの屋外で景色眺めながらのお食事は最高ですよっb

満足のランチのあと、再びゲント中央駅へ。。
何事もなかったかのように、ふつうに稼働しておりましたよ。。。
一体何があったんでしょおかねぇ。。ナゾですw

そして「ブルージュ」という町へ

ここでのミッションは「レンタサイクルを借りて街を走るっ」

駅の近くにあるレンタサイクル屋さんで無事自転車を借り、駅封鎖による2時間ほどのロスがあったので、返却時間の午後7時までの3時間ほどが、ブルージュ観光制限時間となります。
IMG_8578.jpg

歩いても回れるけれど、ゲントよりも広いというか、町中が世界遺産
中世の街並みがそっくりそのまま残っているという、屋根のない博物館と呼ばれている街です。
IMG_8601.jpg

博物館といっても、そこに住む人もいるわけで、生きている博物館というわけですね。
以前エストニアのタリンという町もこんな感じで、町中が世界遺産となっておりましたが、あそこも足を踏み入れるとテーマパークのような雰囲気で、見るものすべてに心が躍るような感じでしたが、ここブルージュは建物だけじゃなくて、川が流れ静かな公園のような場所に入ると、鳥のさえずりが聞こえたりする、いろんな顔を見せてくれます。

IMG_8585.jpg

ここではボートクルーズをしないとですねw
IMG_8618.jpg
船にのって名所をまわります。

ゲントほど大きな建物はあまりありませんが、町そのものが中世のまま残っているというここブルージュは、どこをみていても飽きませんね。
ひたすら自転車を走らせ、いけるだけの場所をまわり、町の雰囲気を楽しんできました。

結果。。
何気に写真がなぃwww

そんなオチww

でもwブルージュでのレンタサイクルはめちゃ楽しかったですよ

そして自転車返却し、ホントは夜もブルージュで夕ご飯しようとおもったんだけど、ゲントの駅封鎖の一件もあるし、なんかあったらホテルにもどれないという不安もあったので、おとなしくブルージュを後にしました。

ブリュッセルにもどってからは「世界三大がっかり」で有名な「小便小僧」をみにいきましたよw

DSC01883.jpg
小さいですねw
世界3大がっかりにランクインされるだけのことはありますねw
でも、シンガポールのマーライオンほどがっかりはしませんでしたよww

DSC01889.jpg
名前をジュリアンくんというそうですw


夕ご飯はベルギーご当地ビールでぜひ飲んでみたいとおもっていた「ランビックビール」のお店へ。

ランビックビールというのがどういうものなのかは、いまいちよくわからなぃのですが
酸味の強いビールだそうです。

メニューをみると
DSC01909.jpg
どうやら何かフレーバーらしきものを継ぎ足して飲むものっぽぃ
私はフランボワーズで頼みました

DSC01915.jpg
こんなツボにグラス2杯分くらいはいっています。
色がピンクでいかにもフルーツビール
甘いというよりはソーダぽぃw

夕食はパスタ。。(チーズ盛りをたのんだわけではありませんよw)選択肢がほとんどなかったww
やはり。。ものすごぃ量で、半分ちょっとしか食べることができなかった。。orz

ほろよい気分で大雨の降るブリュッセルの街をウロウロ
あんまひとけのないとこいったら、今度は強盗にでもあいそうなくらい、今回の旅にはツキがなぃw

そうしてホテルに戻り。。
明日は観光最後の日
ブリュッセルはもういいかな?
それよりもブリュージュからの帰りに駅でみかけた赤い新幹線「タリス」がめっちゃ気になってるw

携帯すられてから、へこむどころか、普段の引きこもりがウソのように、妙にアクティブになっており、、、

あの赤い新幹線にのってオランダまでいくかw

思い付き、、ただの思い付きでございますw
そういいつつベットでガイドブック(ベルギーとオランダが一緒にのっているガイドブックだったので)をパラパラ。。

行けるな。。

というわけで、翌日の予定は朝からオランダアムステルダム行き決定b





スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可